« 066:ひとりごと(矢島かずのり) | トップページ | 067:葱(矢島かずのり) »

笹短歌

切りすぎた桃の中身の命には別状もなく桃子になった「桃太郎」

村々を襲う野犬を率いたる老女が棄てた母に似ている「姥捨て山」

|

« 066:ひとりごと(矢島かずのり) | トップページ | 067:葱(矢島かずのり) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486718/23852280

この記事へのトラックバック一覧です: 笹短歌:

« 066:ひとりごと(矢島かずのり) | トップページ | 067:葱(矢島かずのり) »